Home > 採用担当者からのお願い > 面接準備講座面

面接準備講座面

服装、身だしなみ
グレー、紺、黒系のスーツが無難です。センスよりも清潔感が大切です。
衣服はもちろん、髪や手(爪)、足元も清潔を心がけて鏡でチェックして みましょう。
厚いお化粧や、強い香水、高いヒールも避けましょう。
お仕事の連絡があったら
面接の相手企業のことを何も知らずに面接にのぞむのは相手側に失礼なだ けでなく、あなたの不安の種にもなります。
インターネットや会社案内、 紹介先などから必要な情報を得ておきましょう。あなたの熱意が伝わり、 面接の雰囲気や会話も和やかなものになるでしょう。

【予習ポイント】
・ 会社沿革、社長プロフィール、会社の製品や業績
・ 会社の属する業界の動向
・ 母国との関係

面接をシミュレーションする
面接は先に送られた応募書類を見ながら進められます。
あなたが送った履歴書等のコピーをよく見直しておきましょう。
次項、「一般的な面接の進み方」を参考に回答シミュレーションをしたり、簡単な自己紹介や質問も用意しておくといいでしょう。
最終チェック
面接先企業までの交通手段と所要時間を調べておき、余裕を持って出か けましょう。遅刻は厳禁。早すぎても良くありません。5~10分前に到 着するのがいいでしょう。慣れない場所で不安であれば、一度所在地の 確認に行っておくと万全です。
約束の時間、訪ねる部署、担当者の再確認。
必要書類、筆記用具など持ち物の確認。