Home > 採用担当者からのお願い > 面接の進み方

面接の進み方

入室
面接室を2~3回軽くノックして「どうぞ」と言われたら「失礼します」と言いながら入室。
ドアの開け閉めは静かにしましょう。
ドアを閉め、面接官に「●●と申します。よろしくお願いします」と言い、おじぎを礼します。 おじぎはなれない人もいるでしょうが印象が良くなるので必ずしましょう。
背筋を伸ばして座りましょう。
面接官より「お掛けください」と言われたら「失礼します」と言い着席 します。
面接開始
名刺交換がある場合
相手からもらうときは、胸への高さの位置で「ちょうだいいたします」 と言いながら両手で受け取ります。
もらった名刺は自分の前にテーブルがあればそこに置いて話をします。
名刺を置いておけば、面接官の名前を確認できます。
ポケットやカバンにすぐに入れたり、折るなどもてあそぶようなことはしてはいけません。
面接官から仕事の詳しい説明を受けるとともに、あなたに対して様々な質問がされます。落ち着いて答え、 質問の意味がわからなければ、そのたびに確認をしましょう。
敬語の勉強をしておきましょう。
「何か質問はありますか?」と聞かれたら、話の途中気になったことや、事前に用意した質問をしましょう。
具体的な仕事内容と給料についてはこのとき必ず明確にするようにしましょう。
視線をそらさず相手の目を見て話しましょう。
退室
面接官より「以上です」と言われたら「ありがとうございました」と言い席を立ちます。(表情は柔らかく)
椅子を戻しドアの前で振り返り「失礼します」と面接官におじぎしてドアを開け退室します。
気になったことはメモを取り最後に質問しましょう。
よくある質問例… 答えをシミュレーションしておこう
志望動機を聞かせてください。
なぜ、日本へ来ようと思ったのですか。
今の仕事を選んだ動機は何ですか
なぜ転職しようと思ったのですか
どうして当社を選んだのですか
当社の商品・サービスについてどう思いますか
入社したらどんな仕事がしたいですか
日本で長期的に働きたいですか、それとも母国へ帰りたいですか
希望の給与額はどのくらいですか
残業や休日出勤は対応できますか
採用の場合、いつ入社できますか
他に応募している企業はありますか